京都 伏見区で新築・リフォーム・不動産でお困りの方。ファミリーホームズにご相談ください!

Column

ファミリーホームズのお仕事の紹介や
リフォームに関するお得な情報をお届けします。

Columu of family home's

紅葉・・・より優った笑顔。

こんにちは!

京都の伏見にあるリフォーム専門店

『新築 リフォーム リノベーション 中古住宅不動産のファミリーホームズ』

スタッフの菅沼です!

どんどんと秋が深まってきましたね。気づけばもう11月、紅葉の季節ですね。

温か~い食べ物が食べたい、と思うようになってきました。♨

つい先日、なにげなく入ったお弁当屋さん、一人のご年配らしき男性が

店主さんのようです。その風貌からして店に年季が入ってるのが分かります。

他に店員さんは見当たらず、、。

お弁当を注文すると「少しお待たせしますが・・」と申し訳なさそうに

おっしゃたのですが、急ぐわけでもないので了承し待つ事に。

どうやらその店主さんらしき方が接客から調理まで全てされているようです。

それでも待ったのは10分程でした、お弁当を受け取りお支払いする、という

ごくごく普通のやり取り。その時ふいに店主さんが「急に寒くなりましたねえ」

と一言。お客は私のみ、(私に言った?)と一瞬躊躇しましたが「そうですね、」

と返事しました。

「着る服にも困りますよね、この時期は。」と、店主さんでは

なく自然に私が続けてそう言いました。

「本当にそうですよね、気を付けて帰って下さいね、ありがとう」

と店主さんがそう言ってにっこり笑って送り出してくれました、それだけです。

1分もない短い会話。その店主さんも職業柄マスクは深く付けてらっしゃいましたが、

目元が笑っている事に気づきました。

もう特に今は意識したりしなくなったマスク姿。そういえばこのところ人と話す機会は

以前より減っています、という事は人とのコミュニケーションも減っているという事。

けれどもこの店主さんとのごくごく短い会話で、私自身は人と話す時、マスクを

言い訳に表情が能面みたいになっていたりしないかな?とふと気になりました。

「目は口ほどに物を言う」ということわざにもあるように。

このお弁当屋さんの店主さんは、お客さん皆にこうしてなにげなく普段から

会話していらっしゃるのでしょう。でないとあの自然なもの言いは出来ない筈。

しかもさらっとさりげなく、抜群のタイミングとお客とのちょうどいい距離感。

毎日ほかほかのお弁当を作られているので、ほかほかの(温かい)人柄になられたの

だろうか、と真面目に思ってしまいました。

もし人と沢山会話をしても上辺だけでは何も心には響かず、虚しさが残るだけのような

気がします。

少しの会話でもいいのだと思いました、心あれば。

店主さんの目元のシワも素敵でした、

それは笑顔の蓄積でできた笑いジワだから。

では,お弁当が冷めるので、

「いただきま~す」♪♪

 b030746dc53800f7f5193916de345310_png.jpg

余談ですが今回紅葉の話を記事にする予定でした。沢山の紅葉スポットが

あるここ京都です。言わずもがな、ですよね☺

▼お電話でのご相談・お問い合わせ

▼メールでのご相談はこちら

メールお問い合わせ

Copyright © Family home’s All Rights Reserved.